デカマラサプリ

サプリと増大ポンプの併用は
デカマラへの近道です

→デカマラに効果があるサプリ←

デカマラ体験談:銭湯で知り合った巨根二人組

巨根体験談

僕はいつもハッテン銭湯で相手を探してる。
明るいところで顔も体もチンコもちゃんと見えるから。

いつもは屋外の風呂で探しているけど、今日はたまたまサウナに入った。
すると1人ヒゲで筋肉質で、しかもチンコがデカい奴がいた。
デカいからなのか、堂々として隠すどころか足を広げて見せつけているようだ。

こんなんで後ろからガンガン突かれてみたいなと想像した。

すると向こうから「学生?」って声をかけてくれた。
そして「結構いい体してるね」とも言われた。
僕はカマをかけようと「いい体に憧れてるんですよね、そちらもいい体してますね」と返した。
「もしかしてゲイ?」「そうですね。そちらもですか?」なんて会話がサクサクっと進んだ。

その時にはもう僕のチンコはギンギンに勃起していた。

「ケツ使えるの?」と聞かれ「うん」と答えた。
「じゃ、ちょっと待ってて」と言われ相手はサウナを出ていった。

そしてすぐ戻ってきたと思ったら友達も連れてきた。
「一緒にどう?」その友達もかなりイケてる。
断る理由なんてない。
そしてそのまま銭湯を出て彼の家に直行しました。

部屋に入るなり速攻で服を脱ぎ捨て、目の前にチンコを差し出してくる。
デカい、、、。
平常時でもデカかったけど、勃起するとさらにデカい。
2人ともデカい。
「ヤベー」なんて言いながら内心では、めちゃめちゃ当たりじゃんと興奮しました。

なすがままに口の奥まで入れられた。
デカいからちょっと苦しいけど、でもそれもまた興奮する。
順番にしゃぶったり、両方同時にしゃぶったり。
とにかくデカいから入りきらなくてよだれが垂れまくった。
それを見て2人とも「エロいな」と言いながらチンコを顔にこすりつけたり、マラビンタしたりした。

そして四つん這いにされ、一方でしゃぶり、一方ではケツをじっくりほぐされ始めた。
十分に拡がったところでズブズブと入れてきた。
「でけー」と思わず口にしたら「犯してやるからな」と奥まで突き上げてきた。

とにかくデカくて気持ち良くてたまらなかった。
目の前のチンコに必死に食らいつき、僕はただケツを突き出すだけ。
しばらくすると交代され、またガンガン掘られる。
「いい感じにトロトロやん」と言われかき回される。
「ケツ掘られながら、ずっとチンポにしゃぶりついてるな」と言われ興奮した。

一通りの体位変えてきたけど、ほとんどバックで掘られた。
口もケツもデカいチンコに犯されてる。
結構掘られまくった。

「種付けすっぞ」ガンガンピストンしてきた。
僕の意見なんか全く聞かない感じがエロい。
僕は目の前のチンポをとにかくしゃぶり続けた。

「イクぞ」ケツの中でチンコがドクドク動く。
そしてすぐ抜かれ、目の前のチンポと交代。
今まで掘られていたドロドロのチンコを咥えさせられ、ケツもまたガンガン掘られた。

「種くせーなー」とニヤニヤしながらガンガン責められるのにさらに興奮。
そして種マンにまた種を追加された。

勢いよくチンコを抜かれると、種も一緒に流れ出てきた。
終わりは意外にもあっさりしていたけど、なんかヤリ捨て感があってそれも興奮した。

めんどくさい奴とも思われたくないので、適当な会話をして帰る準備をし始めました。
すると「連絡交換しよ」と言ってくれました。

次にヤル時が楽しみだ。
速攻帰って今日のことを思い出し、オナニーした。

[temp id=2]